マンションの大規模修繕を効果的にすすめる方法

マンションなどの建物は、一般的に10から15年ごとに大規模修繕工事が必要であると言われています。このような修繕を行わなかったなら、住み心地も悪くなっていきますし、何といっても安全性が脅かされてしまいます。ですから、定期的にしっかりとした大規模修繕工事を行うことが必要ですし、どうせお金を払うのであれば、効率よく工事を進めていきたいですし、工事後に建物の耐久性がなるべく長期間持続出来るような技術を取り入れていきたいものです。大規模修繕の相場は、なんと1世帯あたり100万円程度と言われています。これだけの高額を支払うのですから、それに見合う内容の修繕がしっかりと行えるように、きちんと業者選びを行うようにしなければなりません。そして、工事をしている間は生活が不便にもなりますから、なるべく効率的に作業が進められるようにしていけたらいいですね。

10年ごとに異なる効果的な方法

マンションの大規模修繕工事は、地区10年目、20年目、30年目とそれぞれの年数でその修繕ポイントが異なってきますから、もちろん効果的な修繕方法も異なります。それらの違いをよく把握した上で、工事を発注していくように気をつけましょう。まず、地区10年目でポイントとなる工事箇所は、屋上防水やタイルの割れ、剥がれなどです。ですから、外壁工事などに詳しい業者を選ぶと良いのではないでしょうか。そして、20年目では、給排水設備、オートロックやエレベータなどが修繕のポイント箇所になりますので、そういった設備に詳しい業者がお勧めです。30年目では、サッシュ工事、耐震補強工事、機械式駐車場などがポイントとなりますから、マンションの修繕工事はより大規模なものとなると予想されます。

まずはマンションの建物劣化診断を

そうは言っても、やはり建物ごとに元々の造りが違いますから、それぞれの劣化具合をきちんと把握することがまずは大事です。その建物劣化診断に従って、効率的に工事をしていけば無駄を省くことも可能になることでしょう。特に、大規模修繕を目的とした建物診断においては、目視だけの診断では十分ではありませんから、定量的、科学的な根拠に基づく診断をすることをお勧めします。一度そのようなきちんとした診断を行うことで、後々の修繕設計計画にも生かしていくことが出来るのではないでしょうか。こうした診断は、具体的には、内視鏡を使った排水管診断や超音波装置を使用した壁の肉厚測定などが挙げられます。この診断結果を元にして、より補強が必要な箇所には多くの予算を投入することが可能になり、より効果的な修繕をすることが可能になるのです。