マンションの大規模修繕で知っておきたいことを紹介します

マンションを購入して住むとなるとさまざまな条件などが発生し、快適に住むためにもそれぞれのマンションでのルールを守る必要があります。しかし、普通に生活する分にはそれほど問題はありませんが、定期的に行わなければいけないこともあり、それを理解しておかなければいけません。定期的に行われるものには、マンションの大規模修繕であり外壁の塗装や共有スペースのものなどが劣化していたりする場合に修理したりするものになります。しかし、定期的にと言っても数年とかではなく十数年などある程度時間的な間隔はあります。しかし、大規模修繕がどのようなものかを把握しておかないと、いざ大規模修繕をするとなったときに疑問に思うことが出てきたりします。そのため、事前にある程度知っておくことが重要になります。

費用は毎月の積立金から支払われる

マンションの大規模修繕で疑問に上がるものが、修繕費はどこから支払われているかになります。大規模修繕の費用は、毎月支払っている修繕積立金からなるものであり、それぞれのマンションによってその費用は差があるものになります。積立金の金額はそれぞれの管理組合によって決められるもので、積立金の根拠となるものが修繕計画になります。専門家により修繕計画を作成してもらうことになりますが、修繕費が足りなくなることもあります。その原因の多くには工事費の高騰によるものがあり、材料の物価が上がったり予想以上に建物の劣化が激しい場合に修繕費用が足りなくなってしまいます。そのため、修繕計画は数年おきに新しくして足りなくなりそうであれば、早めに積立金の金額を上げるなどしなければいけません。

大規模修繕をする際に決めること

マンションの大規模修繕を行う際にまずしなければいけないことが、いつの集会で工事について決定するかになります。またスケジュールが決まることにより、修繕委員会を設立し審議検討の体制を整えていきます。このようにマンション側の体制も重要なものになりますが、施工会社を決めることも重要になってきます。多くの場合には管理会社やその系列の業者から提案がありますが、そこだけで決めるのではなく複数の業者から見積もりを取ることが大切になります。その際に重要なことの一つが選定する場合には縁故関係は入れないようにしましょう。そして施行中になりますが、特に重要なことが住民に事前に説明をきちんとすることで、騒音や異臭でのクレームがこないようにしましょう。また、毎月施工状況を確認して不備がないかなど把握することも大切になります。

ビルやオフィス入居のリフォーム実績もございます。 マンションの大規模修繕からビル・オフィスのリニューアルや住まいのリフォームまでお任せください。 耐震診断、補強設計、耐震補強工事をワンストップでサポート! リフォーム期間の仮住まい提供サービスも充実! マンション修繕・マンション改修の規模問いません! マンションの大規模修繕工事は新日本リフォームへ